◎婚活備忘録◎

記憶力が年々衰えている婚活中のアラサーの備忘録。そして日々の不満の吐き出し口として。

会うことになりました。

前の記事で書いた子。

ライン続いてます。そして、来週会うことになりましたー!

 

お誘いは向こうからしていただきました。ラインはじめて2日くらいで。

そして、何か食べたいものありますか?と聞かれ、

無難にイタリアンか和食の旨を伝えたところ、お店の候補をあげてくれました。

値段的にちょっと高くね?と思ったけどまぁこんなもんなのかな。

 

すぐに会いましょうって言ってくれたことは私的には本当にありがたい。だっていくらライン続けてたって、会わなきゃわかんないんだから。

私、昔からメールって本当に苦手で、メールで仲良くなってくって感覚がいまだによくわかんないんですよね。

ラリー感覚で返事きたらすぐ返すってのも面倒くさいと思っちゃうし、だからといって時間あけちゃうとそんなに会話も盛り上がらないし。

向こうからの返事が早いとプレッシャー感じるし。怖いと思ってしまう。

そして何より私に文章力がないから、思ってることの半分も伝えられないんですよ。

 

でも、今やりとりしている彼は、ほどよいテンポで返してくれるし(というかあわせてくれてる気もする)会話も質問してくれるし。質問ないと、なんて返したらいいかわかんないからね〜。かといってこっちから質問ばっかしてるのもなんかなぁって思ってしまう。えぇ、面倒臭い女です。

今の所、嫌だと思う点はほとんどなく、向こうもわりと積極的な感じですが、これ会ってお互い幻滅するパターンだったらどうしよう。。。と早くもネガティブモードが炸裂です。はぁ。

いかんせん年齢がなー。気にしないつもりだし自虐的になるのが一番ダメだとはわかっているけどさー。まぁこればかりはどうにかなる話ではないのでね。

 

あ、私普段まったく料理しないんですけど(おい)久々にチャーハン作ってみました。笑

だからなんだって話だけど。こういう風に、気になる人?ができると急に料理(と言えるほどでもないけど)しだすんですよ。

恋愛モード?ってやつですかね。

根本はやっぱ一人での生活が大好きだし、ずっとそれでいいならずっとそうして暮らしてたいんだけど。

どうしても自堕落になるというか。別に部屋の掃除しなくても料理しなくても生きていけるからついついそうなってしまうんだけど、一方でどんどん自堕落になっていく自分を許せなくて。

誰かのために頑張るのって自分の時間を拘束されて、すごい嫌だな〜って思うんだけど、一方で多少の強制力があった方がある程度ちゃんとできるなって思う自分もいるから、そういう頑張らなきゃ!というかこの人のために頑張りたい!って思える人がほしいんだよね〜。

で。私は本当にちょろい人間なので、ちょっとでも自分が好意を持てる人がいるとわりとすぐに家事とかがんばろ♫って思えちゃうんです。最近はあんまそういう風に思える人に出会えなかったけど。

Wくんとは会ってみないとなんとも言えないから浮かれすぎないようにはしたいけど、この久々な感覚をしばらくは楽しみたいと思います。

 

あとは顔だね。ほんと、認めたくはないけど、面食いですから。もちろんそのストライクゾーンは広げるようにはしているものの、やっぱ友人に言わせるとストライクゾーンが狭すぎるらしいので。

でも、そんな友人のためにも、今回ばかりは頑張りたい。だからこそこうして文章に書いて自分を鼓舞しているのです。

がんばれ私。まずは彼氏をつくろう。彼氏いない歴●年にそろそろ終止符を打とう。